ディロフォサウルス

5.jpg
学名
Dilophosaurus sinensis

分類:獣脚類
時代:ジュラ紀前期
体長:5.2m
産地:中国 雲南省 昆明市

概説
ディロフォサウルスは、肉食恐竜で、1987年に古竜脚類のユンナノサウルスと一緒に発見されました。2つの稜を持つとさか状の骨が頭頂部にあるのが特徴です。とさかがどのように使われていたのかははっきりわかっていませんが、違う性別の個体から注意を引きつけるためのものだと考えられています。また、ディロフォサウルスは、アメリカのアリゾナ州からも発見されています。


| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デイノニクス・アンティルロプス

dhino.jpg
学名
Deinonychus antirrhopus

分類:獣脚類
時代:白亜紀前期
体長:2.7m
産地:アメリカ ワイオミング州

概説
デイノニクスは、細長い後肢を持った肉食恐竜です。後肢には4本の指があり、第U指に大きく鋭くとがったカギ爪がありました。関節部分を中心にこの爪を回転させることができました。歩いたり走ったりする時には爪を上げ、獲物を捕る時には、回転させて武器として使ったと考えられます。尾は長く伸びた棘突起で支えられ、体のバランスをとるのに役立っていました。
| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トリケラトプス

torikera.jpg
学名
Triceratops

分類:角竜類
時代:白亜紀後期
産地:アメリカ、カナダ

概説
トリケラトプスは四足歩行の草食恐竜です。体は大きく、その重さに耐えられるように前肢・後肢は頑丈にできています。頭には、大きな「フリル」と3本の角を持っています。それらは捕食者から身を守るためや、オス同士のなわばり争いのために使われたものと考えられています。
| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。