スタウリコサウルス・プリセイ

11.jpg
学名
Staurikosaurus pricei

分類:獣脚類
時代:三畳紀後期
産地:ブラジル リオ・グランデ・スル州

概説
スタウリコサウルスは、ヘレラサウルス科に属し、三畳紀後期の南アメリカにいた原始的な恐竜です。この恐竜は、スカフォニクス(原始的な槽歯類)と共にサンタマリア層から産出しています。ヘレラサウルスと同じような特徴がありますが、恥骨の先端部はヘレラサウルスよりも発達していません。


| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クンミンゴサウルス・ウディンゲンシス

10.jpg
学名
Kunmingosaurus wudingensis

分類:竜脚類
時代:ジュラ紀前期
体長:11m
産地:中国 雲南省

概説
クンミンゴサウルスは、1954年に発見されました。首は竜脚類としてはやや短く、竜脚類の中でも原始的な草食恐竜です。その頭骨や下顎は深くできており、スプーン状の歯を持っています。四肢はがっしりとしており、指の先には滑り止めのためと考えらる大きい爪が発達しています。
| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニッポノサウルス・サハリネンシス

9.jpg

学名
Nipponosaurus sachalinensis

分類:鳥脚類
時代:白亜紀中期
体長:4.1m
産地:ロシア サハリン

概説
1934年、当時日本領樺太の川上炭鉱の病院建設現場から、根本要氏や中西善男氏などによって発見されました。北海道帝国大学の長尾巧教授によって研究され、「ニッポン竜」という意の名前がつけられた新属新種として報告されています。分類学的な位置付けについては再検討されています。

| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。