タルボサウルス・バタール

6.jpg
学名
Tarbosaurus bataar

分類:獣脚類
時代:白亜紀後期
体長:9.4m
産地:モンゴル国

概説
タルボサウルスは、モンゴル国を代表するアジア最大級の肉食恐竜です。頭骨には、鋭い大きな歯が並び、小さい前肢には2本の指しかありません。北アメリカのティラノサウルスによく似ていることから、ティラノサウルスの仲間たちは、当時、北アメリカ―アジア間を渡り歩いていった可能性が考えられます。


| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。